サイト名

 

大好きなモトクロスの楽しい!!をTEAM G CROSS発信していきます!


今回のレースレポートは「高校1年生モトクロス歴8年の板橋蒼心」の初レポートです。
夏休みという事で「学校の宿題」的な取組みをしてもらいました。
読んでいただくみなさんに伝わるといいなぁ。
続編で塾の先生とコンビを組んで「英文レポート」もアップする予定です。


親子でモトクロス!!


蒼心は「モトクロスというモータースポーツを子育ての一環」として母、妹と昨年までMFJ(日本モーターサイクル協会)関東選手権に出場していたキッズ出身ライダーです。
「何事も一生懸命にやる」という理念のもとモトクロスレース活動をしてきました。
現在は、大人になっても大好きなモトクロスを趣味として楽しめる環境を作るために、レース活動はお休みして学業を優先しています。
今できることを「何事も一生懸命にやる」理念は変えず学生生活を送っています。

親子で同じ目的を共有し、一緒に考えて取組み進んでいく。
その時間は「かけがえのない」親子の宝物になります。

プロフィール


名前:板橋 蒼心 イタバシ ソウゴ
年齢:16才
モトクロス歴:8年
板橋蒼心にとってモトクロスとは?:今までやってきたスポーツの中で1番長く続き、1番自信の持てるスポーツです。
目指すライダーは?:学業とモトクロスを両立し、エンジョイモトクロスの楽しさを伝えるライダーになりたいです。

今回のキーワードは「久しぶりの」


今年から高校1年性。
昨年8月から受験、新入学と続いたので、バイクに乗るのも1年ぶり、レースも1年ぶり。
「久しぶりのモトクロス」「久しぶりのレース」

2019年7月21日開催ウィークエンドレーサーズ第3戦参戦レポート


レース数日前にした練習はどうでしたか?1年ぶりのバイクでしたね。


自分が考えていたよりバイクに乗れたので楽しかったです!
が!しかし!体力が落ちていてすぐに疲れてしまいました・・・。

レース当日朝のコース下見


前日雨が降って路面状況がマディー(ドロドロ)かと思っていましたが、コースを歩いてみるとコース整備がしっかりされていて、普段通りに乗れると思いました。


参加したレースは?



僕が今回参加したレース「ウィークエンドレーサーズ」は16歳以上の男女ライダーが出場できるレースです。
関東近郊のエンジョイライダーが参加してレースを楽しんでいます。

参加したクラスは「ファンバイクモディファイ」。
ルールは、ファンバイク改造車(エンジン、サスペンション、フレームの改造OK。ただしレーサーのエンジン搭載はNG)というレギュレーション(車両規定)のクラス。

使用したバイクは?



僕が使用するバイクは「ホンダCRF125F」
初心者には優しく、上級者には難しいオールマイティーバイク。
このバイクで速く走ろうと思うと、考えることがたくさんあって楽しいです!!
ファンバイクモディファイというクラスは、車両のモディファイ(改造)が認められていますが、僕の使用しているバイクは「ノーマル」です。
※写真をクリックするとバイクの詳細が見れます。

レーススケジュール



朝のライダースミーティングのあと
レーススケジュールは・・・・
1公式練習
2決勝ヒート1
3決勝ヒート2
ヒート1とヒート2の総合成績で順位が決まります。(決勝ヒート2の結果が総合成績に優先的に反映されます。)

パドック







チームのパドックです。
ここでレースの準備をしたり、仲間とおしゃべりしたり、レースの作戦を考えたり、キャンプするときは食事したりしています。
昼はバイク。夜はキャンプ。
モトクロスはアウトドアスポーツです。

レースレポート





公式練習はどうでしたか?


複数のクラスが混走するためレースよりも台数が多かったけれど緊張もなく走れました。
しかし、以前乗っていた、レーサーの85ccとはスタートの方法が少し違っていたため決勝レースに不安が残りました。



公式練習が終わった後は、決勝レースヒート1に向けて準備。
準備が終わると、コースの下見をしてレースへの戦略を考えます!


さあ!本番!!レースです。
ヘルメットを被りバイクにまたがりゴーグルをつけエンジンをかける。
パドックからレースに向かう瞬間から非日常が始まる。
自分だけに集中する。


スタートゲートに入る。
目指すは「ホールショット」
※1位で1コーナーを通過すること。
レースは10分プラス1周。
1コーナーを見つめて集中力を高めます。












ヒート1は?


不安だったスタートが良かったけれど、1コーナーでの順位が5位くらいだったので焦りました。
自分の得意なコーナーで差をつめて、順位を上げることを意識して走り2位でゴールすることができました。
次のヒート2では必ず1位を「とってやろう!」と思いました。

ヒート2は?


ヒート1が終わってから、スタート練習をしました。
ヒート1よりも速くスタートを出れるように考えたのですが、スタート直前ギアが入っていなかったため出遅れてしまいました。
順位を上げるため、とにかく攻めて走りましたが2位には追いつかず結果3位。
すごく悔しかったです。


1年ぶりのレースはどうでしたか?


抜きつ抜かれつのレースができ、モトクロスならではの緊張感や高揚感を味わえて楽しかったです。
やっぱりモトクロスは楽しい!!
今まで走ったレースで1番考えてレースを組み立てて走ることができました。
次戦はスタート練習をし、完璧にして1位を取ります。


モトクロスレースは非日常


モトクロスレースは「速い遅い」が順位で決まります。
スタートは横一線!年齢も性別も関係なし!
「負けないぞ!」って気持ちでレースする。
みんながライバル。

レース後は仲間とレースを振り返る。
ここにも性別、年齢は関係ない。
ただ、モトクロスに取り組む環境はライダーごとに違う。
会社員も居れば自営業者もいる。
十人十色。

今回、板橋蒼心はウィークエンドレーサーズでは最年少。
人生の先輩とレースしました。

レース以外では周りは大人。
学校の事、今後の人生の事、バイク以外のことを「人生の先輩たち」から学んでいます。
学校だけ、親子だけでは成長できないことを「共通の趣味」を持った「人生の先輩」が教えてくれます。

親子でモトクロス。
子供達がすくすく成長します!!

自分だけの時間。
自分にしか出来ない事。
自分らしく。
バイクで空を飛ぶ!
こんな非日常はなかなかないです。
親子でモトクロス。
一緒に しませんか!
お待ちしてます。

ページのトップへ戻る